コーチハートチャーム財布団 miumiu財布新作 2012_コーチハートチャーム財布良い コーチハートチャーム財布どのタイプがいい


2015-02-05 15:46    コーチハートチャーム財布
「いいよあたし、電車で帰る」  と言ってもしつこく送ってもらうよう勧めるのだ。しかたなくあたしはその男の車に乗った。車はまもなく、全然違う方向へ向けて走り出した。 「太田は、女房とは別れねえよ」  その男はそんなことを言いながら、バイパスにまで乗ってしまった。 「寮に帰して」  あたしは頼んだ。 「だめだ。おれはおめえみたいなちゃらちゃらした女見ると許せねえんだ」 「じゃあ飛び降りるよ」  あたしは助手席のドアを音を立てて開けてやった。ほんとにやるつもりだった。 「うわ。やめろ」  そいつはあわてた。 「じゃああたしを帰して」 「わかった、わかったから」  案外あっけないやつだった。やくざなんて言ってもこんなものなのかとあたしは思った。それからどういう理屈か、 「おまえはおれが思っていたより根性のすわった女だった。見損なっていた。タクシー代をやるから太田には今日のことは黙っててくれな」  と言って三千円くれた。あたしはそれを持って帰って、由美ちゃんにその話をし、二人で笑いころげた。それきり靖史とは逢わなかった。もともと靖史が兄貴分にあたしを差し出したのだということに、あとから気づいたからだ。一度だけ靖史が勝手にやってきて寮の外で待っていたが、車の陰に靖史を見つけたあたしは、 「ふざけんじゃねえよ」  とだけ言って立ち去った。