逆l型擁壁

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

  • 建築基礎構造 建築基礎構造 __3,240 3,240分
  • 1級舗装施工試験―難関突破へのトレーニング (LICENCE BOOKS) 1級舗装施工試験―難関突破へのトレーニング (LICENCE BOOKS) __2,808 2,808分
  • 建築学構造シリーズ 建築基礎構造 建築学構造シリーズ 建築基礎構造 __3,780 3,780分

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null「ニューギニア方面の陸上作戦において、海軍航空では十分な協力の実をあげることができないのではないか。陸軍航空を南東に出す必要はないのか」  総長は今のところその必要はない旨を答えたが、その後のガ島上空での制空権争奪戦を考えると、この天皇の質問はきわめて印象的である。太平洋戦争は飛行機の戦いであった。空を制したものが戦争を制したのである。天皇はそれを予見したとすら思えるのである。  八月十三日、大本営はガ島奪回を上奏し正式に允裁を受けた。ここにガ島奪回は大命となった。が、なおモレスビー攻略が主点で、奪回については楽観的であったのである。  そしてまた、奪回に成功したなら勅語を下賜すると早くから天皇はいった。それだけの楽観と自信をもって大本営がガ島に送り込んだ陸軍の一木支隊主力(一木清直大佐指揮)が、第二梯団《ていだん》の来着を待つことなく攻撃を開始、全滅したのは八月二十一日である。また第二梯団は作戦上の錯誤から反転避退していた。八月二十四日、戦況上奏の杉山総長に天皇はいった。 「一木支隊はガ島に拠点を保持できるのか。また南海支隊(モレスビー攻略部隊)の方面はどうなっているか。ひどい作戦となったではないか。なぜ一木支隊第二梯団の上陸をのばさねばならぬのか」  作戦と現実の戦闘との断層が大きくなり、両総長の奏上に次々と矛盾が露呈しはじめる。天皇はたちまちにそれを見抜いたが、状況が悪化すればするほどに戦争にのめり込み、真正面に向き合い、大本営と憂いを分かち策を共にする意思を明らかにする。 「近頃わが戦果揚らざる傾向があるがどうしたのか」(八月二十六日)、「マレーやチモール方面の航空隊を転用するか」(八月三十日)。折から中国大陸で四川進攻作戦が準備されていたが、「米軍の反攻がきびしくなりつつある現情勢において、南方から兵を引き抜いてもいいのか」(九月三日)などと、次々に両総長にポイントを下問するのである。  いたずらに時日が経過した。連合艦隊司令部が知恵をしぼり、陸軍もまた躍起となって奪回部隊を送り込んだが、ガ島の戦勢は好転しない。零式戦闘機の航続距離一杯の戦場では、制空権の保持ができなかったからである。九月中旬、川口支隊による総攻撃失敗。杉山総長の上奏に対して天皇はいった(九月十七日)。陸軍航空をソロモン方面へ進出させる必要があるのではないか。再度の下問は、陸軍統帥部にとって衝撃であったが、実情は出せない状況にあると杉山総長は答えるほかはなかった。天皇は押しかぶせていった。 「では、ガ島奪回の自信は本当にあるのか」  最重要戦略地点としてのガ島に対する天皇の認識にはなみなみならぬものがある。さらに、ガ島の奪回ならびにその後の確保に関して、海軍側には本当に熱があるのか、天皇がすこぶる憂慮しているとの杉山総長の発言がある(九月十八日)。航空戦において自信を失いつつある海軍と、戦況認識が楽観にすぎたために容易ならぬ事態を招き、今や奪回のための暴虎馮河《ぼうこひようが》に走ろうとする陸軍。そのような状態で奪回作戦が成功するはずはない当然の理が、米軍上陸一カ月後にして早くも、天皇に疑念をいだかしめたと思われる。  だが、この日(九月十八日)、そうした天皇の憂慮を振り払い、期待に添うべく、大本営は十月下旬を期してのガ島総攻撃を策定したのである。連合艦隊は陸軍部隊(第二師団)を送り込むため、戦艦(金剛・榛名)のガ島海域投入を決意、また総攻撃を支援すべく機動部隊を作戦海域に進出させた。ミッドウェイ敗北以来錬成を重ねた搭乗員に、真珠湾攻撃参加の生き残りのベテランも加えて、迎撃のアメリカ機動部隊と激しく渡り合った。そして米空母一隻を撃沈、一隻を大破した(十月二十六日。「南太平洋海戦」と呼称)。  翌二十七日、奏上する永野総長に天皇はいった。 「有能なる搭乗員を多数失いたるは惜しむべきも、多大の戦果を挙げ満足に思う。なお一層奮励するよう、連合艦隊司令長官に伝えよ」  さらに二日後、戦功を嘉《よみ》して勅語を出したあと、天皇は総長にいった。 「この際付け加えて申しおきたいのは、いまの勅語の後段に関することであるが(筆者注——「惟《おも》ふに同方面の戦局は尚多端なるものあり。汝等倍々《ますます》奮励努力せよ」)、ガダルカナルは彼我両軍力争の地でもあり、また海軍としても重要なる基地につき、速やかにこれが奪回に努力するように」  制空権を奪えずややもすれば消極的になろうとする海軍を、激励しての言葉であろうか。天皇その人が、ガ島奪回に最大の努力を重ねているあかしでもあろう。永野総長は答えている。「上下一心努力して最善の努力をいたし速やかに作戦の目的、すなわちガ島奪回を達成せん」と。しかし、海の勝利をよそに第二師団の総攻撃はみじめな失敗に終っていた。天皇の激励と賞賛の言葉を受けながらも、連合艦隊司令長官山本五十六大将は、このとき、ガ島奪回は不可能とひそかに結論づけていた。  依然としてガ島作戦の続行を主張し、あとに引けないほど深みにはまっているのは、大本営とくに参謀本部であった。増援部隊を送り込み最後の決戦を計画し、着々とその準備を進めた。天皇もまだその期待を捨ててはいない。十一月三日、明治節である。天皇は拝賀の式を終えると、直ちに侍従武官を呼び、昨夜のガ島への輸送はどうであったかとたずね、見事成功しましたとの答えを得てはじめて「御安心の御様子にて御祝膳につかせらる」のである。さらに五日、戦況報告に参内した杉山総長に、天皇はいった。 「海軍機の陸戦協力はうまくゆくのか。陸軍航空を出せないのか」
    2015-02-05 15:35
    ŗ 評論 0
発祥地|逆l型擁壁
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|逆l型擁壁旗艦店 prada長財布1m0506_ネット上で買って逆l型擁壁 買って逆l型擁壁どのウェブサイトの良い