miumiu財布新作どんな商標は良い|miumiuミュウミュウ2013年秋冬新作レザーラウンドファスナー長財布5m0506 3r7,オンラインmiumiu財布新作専門店|どこが買いmiumiu財布新作安い


2015-02-05 15:26    miumiu財布新作
 第二章 「いいえ……でもね」 Incognito       1  夕暮れ時——  久しぶりに訪れた緋村家《ひむらけ》は、どこか懐《なつ》かしい感じがした。  だが、あまり居心地がいいとは言えなかった。  恭介《きようすけ》と萌恵《もえ》は、それぞれべつの部屋で電話をかけている。そのため、居間に残っているのは香澄《かすみ》と、あの黒い服の少女だけだった。極度の緊張《きんちよう》と疲労が原因で気絶した彼女は、とりあえず一番近くにあった恭介の自宅に運び込まれたのだ。  恭介は彼女を、自分の従妹《いとこ》だと説明した。  その少女は、テーブルを挟《はさ》んで香澄の向かい側のソファに座っている。  沢渡《さわたり》美古都《みこと》というのが、恭介から聞いた彼女の名前だった。 「お菓子《かし》、食べない?」  香澄が訊《き》くと、美古都は無言で首を振った。  二人きりになってから、彼女は一度も口をきいていない。まるで、香澄と目を合わせることさえ恐《おそ》れているようだ。うつむいたまま、細い腕《うで》できつくクッションを抱《だ》きしめている。香澄は、しかたなく一人で塩せんべいをつまんだ。  恭介の話では、美古都は中学二年生という話だった。年齢《ねんれい》を偽《いつわ》って高校に潜入《せんにゆう》している香澄とは、一つしか歳《とし》が変わらない。