クロエエデンラインショルダーバック

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null そうしてくらしながらも、ひとところに長くはいられなかった。追手にさがしだされてしまうからね。だけど、用心しても、用心しても、追手はやってきた。」  バルサの目のなかのかなしみの色がふかくなった。 「ジグロは、強かったよ。どの追手も、ジグロにはかなわなかった。だけどね、追手を殺すたびに、ジグロが心がちぎれるようなかなしみをあじわっているのを娘はしっていた。  だって、追手は、みんな、ジグロのむかしの友だちだったんだよ。おなじ武術をまなんだ仲間だったんだ。追手たちも、ジグロと戦いたくはなかっただろう。でも、王の命令にさからったら、家族ともども殺される。だから、血をはくような思いでジグロを殺しにきていたんだ。  ジグロは、八人の追手《おって》――友を殺した。娘と自分をまもるために。ログサムがきゅうな病《やまい》で死んで、第三王子が王になり、きたない秘密をかくす必要がなくなるまでの十五年間。地獄の十五年だったよ。六つだった娘は、そのころには二十一の女になっていた。――もう、ジグロでさえ、二本勝負で一本はとられるほどの、武術使いになっていた。」  長い話がおわったとき、薪はあらかた燃えつきて、熾《おき》にかわっていた。うす暗くなった家のなかに、しずけさがもどってきた。チャグムが、つぶやいた。 「その娘が、あなたなんだね、バルサ。」 「……そう。その娘がわたしさ。」 「だから。」  ためらいながら、チャグムはいった。 「ジグロがあなたのために殺した八人と、おなじだけ、人をすくう誓いをたてたんだね。」  バルサは、目をみひらいた。 「……タンダだね? そんなことをしゃべったのは。じゃあ、この話はしってたのかい?」  チャグムはあわてて首をふった。 「ううん。タンダにどうしてバルサをめとらないんだ? ってきいたら、タンダがいったんだ。バルサは八人の命をすくう誓いをたててる。それがおわるまで、だれの妻にもならないだろうよって。それだけ。」  バルサは、ため息をついて、苦笑したが、なにもいわなかった。その横顔には、どきりとするほどにふかいさびしさがにじんでいた。チャグムは、ふいに、心の底からバルサをあわれに思った。そして、自分がそんな気持ちをいだいたことに、おどろいた。こんなにも強いバルサ――どんな武人もかなわぬ、鬼神のように強いバルサをあわれに思うなんて……。  だが、いまのバルサの横顔には、望みもしないひどい運命になぶられ、傷ついた、幼い娘の影がみえた。運命にほんろうされる苦しみをしるまえのチャグムだったら、けっしてみえなかっただろうものが、いまのチャグムには、たまらなくせつなく、みとおせたのだった。  ふいに、チャグムの胸に、バルサへのいとしさがわきだした。なにかいわなくては、と思ったが、なにも思いつかなかった。チャグムは、ただ口をついてでた言葉をつぶやいた。
    2015-02-04 23:16
    ŗ 評論 0
発祥地|クロエエデンラインショルダーバック
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|買ってクロエエデンラインショルダーバック贈り物|クロエ バッグ 偽物 見分け方|クロエエデンラインショルダーバック新型価格,「特価」