クロエショルダーバッグ
null
クロエ 2way口折れトートバッグ
__4,64400
クロエ 2way口折れトートバッグ 
2way ソフト ショルダー バック 大容量 ゴールド 金具
__4,970 - 5,54600
2way ソフト ショルダー バック 大容量 ゴールド 金具 
【ハイハイワールド】 ショルダー バッグ メンズ レディース 斜め掛け ボディ ー バッグ キャンバス 地 自転車 通勤 通学 などに 大
__2,28000
【ハイハイワールド】 ショルダー バッグ メンズ レディース 斜め掛け ボディ ー バッグ キャンバス 地 自転車 通勤 通学 などに 大 
【Hi-Hi-World】 選べる6カラー 斜め掛け ショルダー バッグ キャンバス 地 シンプル デザイン 小さいサイズ
__2,18000
【Hi-Hi-World】 選べる6カラー 斜め掛け ショルダー バッグ キャンバス 地 シンプル デザイン 小さいサイズ 
【ハイハイワールド】Hi-Hi-World レディース リュック サック カジュアル バッグ 優しい パステル カラー
__1,98800
【ハイハイワールド】Hi-Hi-World レディース リュック サック カジュアル バッグ 優しい パステル カラー 
【Hi-Hi-World】 ショルダー バッグ メンズ レディース 斜め掛け ボディ ー バッグ キャンバス 地 自転車 通勤 通学 などに 小
__1,480 - 2,58000
【Hi-Hi-World】 ショルダー バッグ メンズ レディース 斜め掛け ボディ ー バッグ キャンバス 地 自転車 通勤 通学 などに 小 
null それがいきなり、ネクタイを口実に浜田に倚りかかって来た。あの日、車の中で、浜田さえその気になれば、敏子の腰を引き寄せて、キスくらいかわすのはわけもないことであったようだ。  だが、浜田がそれをしなかったのは、心の底に欺されているような感じがあったからである。その欺されている感じというのは、敏子に対してのものではなく、浜田自身の人生に対してであった。  浜田は今日まで、恋らしい恋の経験もなく過している。何度かは、それらしい想いをもやしたこともあるが、すべて片想いに過ぎず、遠くから憧れていたという程度の、ごくプラトニックなものであった。  いずれ自分も結婚するかも知れないとは思っているが、互いに求め合って華やかにもえあがる恋の日々が来ようとは考えてもいなかった。  よく考えれば奇妙なことであるのかも知れないが、それでも疎外感とか、拗ねとかひがみとか、そういう厄介なものはしょい込まずにいた。その日その日を平凡で無難に送れれば満足で、何かを得る為にやきもきとするのは、ひどく億劫なのであった。  混雑した道路につらなる車の一台として、無理な追い越しや割り込みを決してしないように心がけているのだが、実を言えばそれは運転手の生活を通じて身につけた生き方ではなく、浜田自身が生まれつき持っている性格らしかった。  ところが、突然出戻りとは言え魅力的な女である敏子が言い寄って来た。たとえれば、それは緊急自動車でもない浜田の車に、先行車が次々に進路をゆずってくれたようなものであった。浜田は、この先に何かあるのではないかという疑いを抱きながら、その急にひらけた道をとばしている思いであった。  だが、ネクタイをもらった日から一週間ほどたって、浜田は人生にはこういうことも起り得るのだと考えるようになった。敏子が一人の女として好意を寄せているのは疑いようがなかったし、自分の人生にはそういう日が決して来ることはないときめてかかるのは、自分に限って事故を起すことなどあり得ないと思いあがるのと同じことだった。  となると、浜田は急に世の中がたのしくなった。アパートの前の道に集まって騒ぐ子供たちの遊びにも、寛大な微笑を送らずにはいられなかったし、手をつないで歩く若い男女の服装にも、それまでのように無関心ではいられなくなった。  心の中に、いつも敏子の笑顔があった。そして何よりも、俺はいま恋をしているという、優越感のようなものに酔っていた。 「ねえ、あしたデートして」  きのうの夕方、車庫の前で黒いプレジデントを洗っていると、庭からサンダルを突っかけて出て来た敏子が傍へ来て、さりげなく言った。 「あした……」  浜田はビニールのホースの先を持って、水をしたたらせながら敏子を見た。 「あした、休みなんだよ」 「あらやだ、何か予定があるの」  敏子の顔が曇った。 「いや、別に」