ミュウミュウ財布アウトレット
null
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F49163 SBWBK ペイトン シグネチャー ラウンドファスナー長財布 ブラックホワイト/ブラック[並行輸入品]
__14,75000
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F49163 SBWBK ペイトン シグネチャー ラウンドファスナー長財布 ブラックホワイト/ブラック[並行輸入品] 
(ミュウミュウ)MIU MIU ラウンドファスナー長財布 ピンク 5M0506 VITELLO CRYSTAL-FUXIA [並行輸入品]
__78,43000
(ミュウミュウ)MIU MIU ラウンドファスナー長財布 ピンク 5M0506 VITELLO CRYSTAL-FUXIA [並行輸入品] 
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F49145 SVAXN パーク シグネチャー ターンロック チェックブック 長財布 カーキ/ブラックチェリー[並行輸入品]
__19,30000
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F49145 SVAXN パーク シグネチャー ターンロック チェックブック 長財布 カーキ/ブラックチェリー[並行輸入品] 
(コーチ) COACH コーチ ポーチ アウトレット COACH F51158 SBWBK シグネチャー ストライプ スモール リストレット 化粧ポーチ ブラックホワイト/ブラック[並行輸入品]
__9,00000
(コーチ) COACH コーチ ポーチ アウトレット COACH F51158 SBWBK シグネチャー ストライプ スモール リストレット 化粧ポーチ ブラックホワイト/ブラック[並行輸入品] 
(ミュウミュウ) miumiu 長財布 シャイニーピンク 5M1183  アウトレット [並行輸入品]
__29,99900
(ミュウミュウ) miumiu 長財布 シャイニーピンク 5M1183  アウトレット [並行輸入品] 
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F51217 SV/CT エイヴァリー レザー 長財布 コバルト[並行輸入品]
__12,80000
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F51217 SV/CT エイヴァリー レザー 長財布 コバルト[並行輸入品] 
null  風は体を劈く。あまりにも冷たくて、目を覚ました。貸し与えられた部屋前の縁側で、座ったまま眠り込んでいたらしい。凝り固まった首を揉んで、思わず震えた。昼の穏やかな風が恋しくなった。だが月が綺麗だった。時計を確認しようとして、寺にそんなものがほとんど無いことに気付く。  仕方無しに頬に触れた。何時間も前に叩かれたのにまだ熱い。キャスターのビンタは強烈だった。翡翠のビンタも真っ青だ。志貴は軽口を叩いて、笑えず沈黙した。 『言ったはずよ。声が聞こえなくなったら戻りなさいと』  ふさぎ込んでいたキャスターが久しぶりにらしい表情を見せたのだが、喜ぶ気にはなれなかった。戦況が最悪になった。一成は言った。葛木の弟だと。ならば居所は露見した。教師の住所など、学校に確認をとれば、よっぽどの素行不審者でない限り教えてくれるだろう。それを見越してあのサーヴァントは退こうと言った。だから命だけは助かった。けどそれだけだ。もう本当に後が無くなったのだ。 「……なんて、不様」  本当に間抜けだ。自分の感情を抑えられなくて外に出て、途轍もなく巨大な厄介を連れ込んだ。キャスターの怒りは尤も。志貴を叩いて以降はずっと境内で何かしているようだが、声をかける気にはなれなかった。敵に備えているんだろう。なら、自分も何かしなければならなかった。  縁側からだらんと垂らしていた足を踏ん張り、大きく伸びをする。はだしで土を踏みしめて、果たして何ができるのだろうかと考えた。  改めて考えると何もないものだ。サーヴァントと戦うにはあまりにも頼りないナイフに、使うと自分が倒れかねない魔眼。それと、ほんの少しの体術。 「参った。これじゃほんとに、足手まといだ」  昼間の少女に感じた恐怖を考えてみれば、サーヴァントという連中の出鱈目さがよくわかる。いや、実際に彼女がサーヴァントだと決まったわけではない。サーヴァントならば、人気の多い場所では霊体化すべきなのだ。実体化していれば一般人にも見えてしまうし、魔術師にでも見つかれば、すぐさま正体がばれるだろう。  正体がばれるというのは厄介な話だ。例えばキャスターは神殿から龍脈に魔力を通すことで街中を見渡せるが、霊体化していればキャスターでも多少探知しづらくなる。とはいえサーヴァントには霊体化したサーヴァントも見えるらしいので、効果的というわけでもないが、それでも多少のかく乱にはなる。だというのにあの少女はそれをしていなかった。よほど自信があるのか。それとも無関係な一般人であるとも、言えなくもない。サーヴァントと断じるのは早計なのか。だが何にしろ、姿を見せるだけで人の肝を冷やすような人間は、まともな者ではないだろう。  とにかく、そんな連中を相手取るに、キャスターと自分では多少心許ないのは確かだった。いくら直死の魔眼でサーヴァントの死を視ても、接近できなければ意味がない。キャスターの魔術で相手を固定することはできるらしいが、対魔術を持つサーヴァントには無駄ときている。そのための神殿とは言っても、志貴はそこまでの効果を期待していなかった。何せ、この寺にはただキャスターの気配が充満しただけで、何か本質的な変化を遂げたわけではない。むしろ自分の存在をキャスターが振りまいているようにさえ、志貴には感じられる。  よくないことだ、と志貴は忸怩した。キャスターを疑っても仕方がない。元々参加する資格さえなかった自分がここに居られるのはキャスターのおかげなのだ。それ以上の高望みはよくない。今は自分で何か作戦を練らなければ、任せっきりでは立つ瀬がないというもの。 「……そういえば」  何かないかと頭を巡らせて、ふと思い浮かんだ。ナイフよりよっぽど上等なものを、自分は手に入れているではないか。