モールprada 財布 二つ折り旗艦店,プラダ財布新作バイカラー,prada 財布 二つ折り実体店加盟|prada 財布 二つ折りどのブランドの良い


2015-02-04 22:29    prada 財布 二つ折り
 後続のトラックが再び怒りの叫びを上げた。前後のトラックとの車間は一メートル足らずしかない。万一、前のトラックがパニックブレーキでも踏もうなら、ルノーは簡単にスクラップになる。  雄がゆっくりと鼻から息を吐き出した。精神統一を終えた運動選手のようだった。  次の瞬間、ルノーは追い越し車線のわずかな裂け目に飛び出していた。後続のトラックが後を追おうとして尻を振った。ライトとクラクションの猛烈な抗議にあって断念する。  ターボチャージャーが働き、ルノーは軽々と前を走るステップバンに肉迫した。ステップバンが道を譲り、ルノーは再び加速した。  ときには走行車線のすきまをも使って、縫うように、車群をぶっちぎっていく。  都夫良野トンネルを過ぎると、あっという間だった。効果的なシフトダウンで速度を落とし、ルノーは御殿場インターの出路へと滑りこんだ。 「一三八号?」  料金所を過ぎると、雄が訊ねた。 「ええ」  吐息を洩らして、静香は頷いた。  ルノーは一瞬の後に、市街を駆け抜けていた。  山中湖、そして河口湖へとつづく国道を北上して行く。一般道に入ると、雄は巡航速度を落としていた。六十から七十キロで、決してそれ以上は出さない。  約二十キロの道のりを、二十分ちょうどで走った。 「旭《あさひ》ヶ丘を右に折れて」  山中湖にぶつかる交差点に近づくと、静香がいった。  ルノーは湖を左手に見るコースをとった。右側にはシャッターをおろした土産物屋、ドライブインがつづく。富士に背を向けている形になる。 「次の道を右に昇って」  雄は静香の指示に従ってルノーを操った。