セリーヌ
null
null といった。桂は、吉田らを見殺しにした。が、それもやむをえなかった。いま動けば長州屋敷だけで数千の幕兵と戦わねばならない。  吉田稔麿はやむなく手槍一本を借り、全身血だらけになりながら、同志が苦闘する池田屋へひきかえし、再び屋内に入り、土間で不幸にも沖田総司と|遭遇《そうぐう》した。  繰りだした吉田の槍を、沖田は軽くはらった。そのまま槍の柄へ刀をすーと伝わせながら踏みこんで右袈裟一刀で斬り倒した。  このころ、歳三の隊は池田屋に到着している。歳三は、土間に入った。  すでに浪士側は、大刀を奪って戦う者、手槍を使う者、小太刀を巧妙に使いさばく者など、二十数人が死を決して戦い、藤堂平助などは深手を負って土間にころがっていた。 「平助、死ぬな」  というなり、奥の納戸からとびだしてきた一人を、|かまち《ヽヽヽ》に右足をかけざま、逆胴一刀で斬りはなった。屍体がはねあがるようにして土間に落ち、藤堂の上にかぶさった。  二階では、近藤がなお戦っている。近藤の位置は表階段の降り口。  おなじ裏階段の降り口には、永倉新八がいる。降り口の廊下はせまい。ほとんど三尺幅の廊下で、浪士側は、一人ずつ近藤と戦わねばならぬ不利がある。  肥後の宮部鼎蔵が、一同かたまって廊下にあふれ出ようとする同志を制し、室内の広い場所に近藤をひきこんで多勢で討ちとるよう指揮した。  近藤は、敵が廊下に出てこないため、再び座敷に入った。  宮部と、双方中段で|対峙《たいじ》した。宮部も数合戦ったが、近藤の比ではなかった。面上を割られ、それでも余力をふるって表階段の降り口までたどりついたが、ちょうど吉田稔麿を斬って駈けあがってきた沖田総司に遭い、さらに数創を受けた。宮部はこれまでとおもったのだろう、 「武士の最期、邪魔すな」  と刀を逆手ににぎって腹に突きたて、そのまま頭から階段をまっさかさまにころげ落ちた。  肥後の松田重助は、二階で戦っていた。得物は、短刀しかなかった。この日、重助は変装して町人の服装だったからである。  そこへ沖田が駈けこんできた。|剽悍《ひようかん》できこえた重助は短刀のままで立ちむかったが、たちまち打ちおとされ、左腕を斬られた。そのはずみに同志大高又次郎の|屍《しかばね》につまずいて倒れたが、倒れた拍子に、死体が大刀をにぎっているのに気づき、もぎとって再び沖田と戦ったが一合で斬られた(この松田重助の弟山田信道がのち明治二十六年京都府知事になって赴任したとき、闘死者一同の墓碑を一カ所にあつめて大碑石を建てた)。  すでに、池田屋の周辺には、会津、桑名、彦根、松山、加賀、所司代の兵三千人近くがひしひしと取りかこんでいる。  斬りぬけて路上に出た者も、多くは町で斬り死したり、重傷のため捕縛される者も多かった。