ミュウミュウ長財布
null
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F49163 SBWBK ペイトン シグネチャー ラウンドファスナー長財布 ブラックホワイト/ブラック[並行輸入品]
__14,81000
(コーチ) COACH コーチ 財布 アウトレット COACH F49163 SBWBK ペイトン シグネチャー ラウンドファスナー長財布 ブラックホワイト/ブラック[並行輸入品] 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M1109 3CJ F0013/VERNICE FIOCCO AZZURRO 財布 二つ折り ヴェルニーチェ リボン パテントレザー アズーロ [並行輸入品]
__49,68000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M1109 3CJ F0013/VERNICE FIOCCO AZZURRO 財布 二つ折り ヴェルニーチェ リボン パテントレザー アズーロ [並行輸入品] 
(マークバイマークジェイコブス) MARC BY MARC JACOBS マークバイマークジェイコブス MARC BY MARC JACOBS M3PE093 スタンダードサプライ クラシックキュー Classic Q...
__22,50000
(マークバイマークジェイコブス) MARC BY MARC JACOBS マークバイマークジェイコブス MARC BY MARC JACOBS M3PE093 スタンダードサプライ クラシックキュー Classic Q... 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 3CJ F068X/VERNICE FIOCCO ANANAS 財布 ラウンドファスナー ヴェルニーチェ/パテントレザー リボン アナナス [並行輸入品]
__49,68000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 3CJ F068X/VERNICE FIOCCO ANANAS 財布 ラウンドファスナー ヴェルニーチェ/パテントレザー リボン アナナス [並行輸入品] 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 2E6Z F0002/VITELLO CRYSTAL NERO 財布 ラウンドファスナー ヴィッテロクリスタル スタッズ ラインストーン ビジュー レザー ブラック [...
__59,40000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 5M0506 2E6Z F0002/VITELLO CRYSTAL NERO 財布 ラウンドファスナー ヴィッテロクリスタル スタッズ ラインストーン ビジュー レザー ブラック [... 
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 NAPPA VELE NERO/2B8Q F0002 ラウンドファスナー ナッパ ヴェレ レザー ブラック [並行輸入品]
__54,00000
(ミュウミュウ)MIUMIU 長財布 財布 5M0506 NAPPA VELE NERO/2B8Q F0002 ラウンドファスナー ナッパ ヴェレ レザー ブラック [並行輸入品] 
null 一度選んでしまったからには、かりそめの姿を押し通すしかなかった。総一はごくふつうの子どもとして小学校にあがり、ごくふつうの学校生活を送った。友だちとも遊び、中間程度の成績をとる。だれもかれのほんとうの姿には気づかない。おとなも、子どももだれひとりとして。 「さびしかったでしょうね」  長いこと聞いていたキムが口をはさむと、八雲は小さく首をふる。 「さびしくはなかった。ぼくと同じような人間はいないってわかっていたから」  ——ほんとうにそうだろうか。  心の一部がそう声をあげた。もしそうだとしたら、ネットにはいる理由はなかったはずだ。そこでは年齢性別の区別はなく、あらゆる人間が平等だった。ただ情報工学の才能さえあればよかった。総一はハーンというハンドルネームでネット世界に出没し、現実世界では得られない解放感を手にすることができた。  やがてMU《ムウ》大戦がはじまり、いやおうなく世界が変わった。  総一=ハーンもMU《ムウ》大戦以降は、政策提言などをおこなうようになった。その指摘するところはいつも鋭く、いくつかは実際の政策にも反映されるようにさえなった。まさか指導者層もそれが十代前半の子どもがやっているとは思わなかっただろう。が、あまりにも鋭すぎた。多くのおとなたちの反感を買ってしまったのである。  ある日、かれが外に出たとたん、数人の男たちにかこまれた。 「八雲総一くんだね」  そうですが、とうなずく間もあらばこそ、かれは黒塗りの車に押しこめられた。連れていかれたのは警察だ。何年か前にやった簡単なハッキングを追跡されたのだ。だが、警察はかれがハーンであることを追及してきた。総一は、警察は状況証拠は握っていても、直接証拠がないのでかれを自白に追いこむ気だとすぐに見ぬいた。かれはコンピューターが好きだが、ほかのことはなにもわからない少年のふりをした。警察は、十代前半の少年のことだから、取調室に連れこめば容易に自白するものと思いこんでいたのだが、あてがはずれた。総一はなにもわからないふりをつづけ、ときには家族に会いたいと涙さえ流してみせた。確証のなかった警察は、別件逮捕の勇み足をふんでしまったかと思った。そんなとき、かれの前にひとりの男が現れた。  眼光の鋭い男だった。総一は男をよく観察した。役職名はいわなかったが、人を使うことになれた雰囲気がある。警察官だとしたらかなりのエリートだろうが、むしろ軍人の鋭さがあるようだった。なぜ警察の取調室に軍人が現れたのかはだいたい想像がつく。国家機密の漏洩実態を把握したいのだろう。 「功刀《くぬぎ》仁だ」  名前だけ名乗ると、男は黙ってかれの前に座った。一時間だけという限定で調書作成の係官も席をはずすようにいわれ、取調室は功刀《くぬぎ》と総一だけになった。つまりは警察の決まりも反古にできるほどの力をもつ男だった。  かたむいた秋の日が、窓からさしこんで来る。功刀《くぬぎ》は長いあいだ、なにもいわなかった。総一は気の弱いコンピューター少年のように、ときおりかれの顔を見ては、床に目を落とし、不安そうに時計を見ることをくりかえした。ただ、かれにはわかっていた。この時間を乗りきれば、自分は釈放されると。数年前のハッキングなどささいな説諭ていどのものであり、自白さえしなければ釈放されるのは確実だった。  時間はゆっくりとすぎていく。  功刀《くぬぎ》はなにもいわない。総一はだんだんと不安になってきた。これまでのおとなたちのほうがどれほど相手しやすかったことか。かれらは恫喝するか、猫なで声で説得するか、のどちらかしかなかった。だから、こちらも対応しやすかった。にもかかわらず、功刀《くぬぎ》はそのいずれの方法もとらなかった。総一はどう対応していいのかわからなくなった。  責めたてる沈黙ではなく、功刀《くぬぎ》のそれはどこかしら包容力のようなものを感じさせた。だからといって、総一の気が休まるわけではない。むしろ、責めたてられたほうがまだましだった。静けさが不安を高めていく。