激安ミュ ウミ ュウ 財布
null
null その剣の刃が、空で音をたてた。  ジョクは、左手の操作だけでカットグラの身体を右に揺《ゆ》すりながら、上体を前にかがめ、ガロウ・ランの刃先を避《さ》けて、右手に持った短剣の刃を前に出していた。  ジョクの刃先に、ガロウ・ランの身体が跳《は》ね飛んできた。  ゴブッ!  冷たい感触《かんしょく》だった。  が、ガロウ・ランの短剣《たんけん》はまだ生きていた。  ジョクは、左手を頭の上に上げて、ガロウ・ランの右脇《みぎわき》をこじ上げながら、右腕《みぎうで》で支える短剣で、ガロウ・ランの身体《からだ》を受け止めていた。  カットグラの上体は、一瞬《いっしゅん》自由落下をして、右肘《みぎひじ》が地にくいこんでとまった。  その反動で、ジョクもシートから離《はな》れて、ガロウ・ランと一緒《いっしょ》に、地に放り出された。  その間、ジョクは右腕が血でたっぷりと濡《ぬ》れていくのを感じた。暖かいのではなく、冷《さ》めていく感触である。  これは、戦慄《せんりつ》的で慣れることはない。  ジョクは、ガロウ・ランの身体を下にして地に落ちた。  その時、ジョクの短剣がガロウ・ランの肉と骨の間で、吸い取られていくような粘《ねば》っこい感覚に捕《とら》われた。 「ベッ!」  激《はげ》しい不快感と血の感触から早く離《はな》れたいために、ジョクは右手を振《ふ》るようにして立ち上がった。 「うおーっ!」 「聖戦士《せいせんし》殿《どの》っ!」 「やったぁーっ!」