miumiuスタッズ長財布製品はどう,ミュウミュウ財布5m1109_miumiuスタッズ長財布規格品のコーナー|買ってmiumiuスタッズ長財布何に注意して


2015-02-01 00:52    miumiuスタッズ長財布
 義兄のいる旭川に帰りたいという炎のようにふき出す感情をじっとおさえて、とうとうきょうもわたしは一日母のそばにいた。  マヨネーズソースをじょうずにつくるこつをならったり、母の幼いころの話をきいたりしながら、わたしは自分の思いに耐えていた。耐えるということの、このつらさ。しかし、それはまた、なんとずしりとした重みのある充実感であろう。  会いたい、会いたいと思いながら、一分もう一分とじっと耐えているこの一日。耐えるということは、けっしてわたしはきらいじゃない。耐えているそのことが、わたしの血となり肉となるような充実感である。 『実存』ということばが浮かぶ。   なんでもほしい  八月十二日[#「八月十二日」はゴシック体]  とうとう旭川に帰ってきた。義兄のところに帰ってきた。 「やっぱりサッちゃんがいないと寂しかったわ」  姉は心からそういってくれた。  五つ年上のこの姉と、幼いころいっしょに遊んだ思い出はない。わたしが二、三歳のころ、姉はもう小学校にはいっていた。わたしはわたしと同じ年ごろの子と遊び、姉はその友だちと遊んだ。  でも姉はわたしをかわいがってくれたことはたしかだ。ときどき姉はわたしに本や人形などをくれた。それはむろん、姉のおふるではあったけれど。  義兄は会社から帰ってきて、一瞬ではあったが熱っぽいまなざしでわたしをみつめた。 「一週間で帰るといっていたけれど、十日以上もいたんだね。やっぱりおかあさんのそばがいいらしい」