ファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ットオファー,ルイビトン二つ折り_オンラインファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ット専門店 ファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ットどうしてで


2015-02-01 00:34    ファッションファッション小物財布その他 財布 アウ トレ ット
 チャグムが、しずかな口調でたずねた。 「たずねてはいけないことなのかもしれないが、異国の者ゆえの無礼を、おゆるしいただきたい。」  タルサンが、はっと顔をあげてチャグムをみた。 「はい。」 「さきほどの陛下のお話では、〈ナユーグル・ライタの目〉とやらになった娘は最上のもてなしをうけるということだったのに、なんだか、あなたがたはその娘の身を案じているようにみうけられるのだが……。」  サルーナが、小さくため息をついた。 「もうしわけありません。せっかくおくつろぎのところを。わたしたちは未熟なものですから、どうも感情が顔にでてしまって。」  こわばった笑みをうかべて、サルーナはあやまった。 「こんな話をして、ご不快になられたらもうしわけないのですが……、お気づきになってしまわれたので、ご説明しましょう。」  サルーナは、たんたんとした口調で、〈ナユーグル・ライタの目〉について、くわしい説明をした。最上のもてなしをうけるが、最後には海におとされるのだということも。  顔にはださなかったが、チャグムは動揺していた。自分ではどうしようもない運命につかまって、やがて殺される少女。――それは、かつてのチャグム自身をおそった運命と、あまりににすぎていたからだ。 「それは……。」  チャグムは、おちつけ、と自分にいいきかせながら、つぶやいた。 「その娘が、その……海にかえされずにすむ道は、ないのですか?」  サルーナの顔を、タルサンも望みをかけるようにみつめた。サルーナは肩をすくめた。 「儀式の夜までに、その娘が目ざめたら、殺してはならない、といわれているそうです。ナユーグル・ライタがかえしてきた魂を、また海へかえすわけにはいきませんから。ずっとむかしに、ひとり、目ざめて殺されずにすんだ娘がいたという話を、どこかできいたおぼえがあります。」 「……この娘も目ざめればいいな。」  そうつぶやいてしまってから、タルサンは日にやけた顔をかすかに赤らめた。