收藏

ブランド財布 コピ ー編集

「さて、次は麻袋ですね」 「麻袋ってアレだろ、足だけ麻袋に入れて、ぴょん ぴょんジャンプするヤツ」 「ええ、そうですけど」  秋葉はあっさりと言ってくれるが、その言葉ほど あっさりしたものだとは、到底思ってない。  やがて、二人が第二ポイントへとさしかかった。  ばさばさと袋を広げ、足を何かに入れ、  そしてそのまま、二人は前方へとジャンプし──  ずぼっ。  その姿を消した。 「…………」 「…………」 「……なあ、秋葉」 「兄さん、もう少し静かにできません?」 「いや、ほら……  麻袋でジャンプしていくコースに、姿がすっぽり 隠れるくらい深い落とし穴っていうのは、卑怯とい
表示ラベル: