收藏

miumiu 財布店舗編集

(ミュウミュウ) MIU MIU ミュウミュウ バッグ MIU MIU RL0097 N88 F0233 MATELASSE トートバッグ AZALEA[並行輸入品]
__168,00000
(ミュウミュウ) MIU MIU ミュウミュウ バッグ MIU MIU RL0097 N88 F0233 MATELASSE トートバッグ AZALEA[並行輸入品] 
「ぼく、仲根です」 「あら……」  夏希が一瞬、呼吸を飲むような気配が感じられ、 「どうしたんでしょう。私のほうも今、そちらに電話をしようと思っていたところよ」 「へえッ。テレパシーかな。——ごぶさたしています。お元気ですか?」 「ええ。元気は元気ですけど、気分はブルー。色々、身近に問題がふえてきちゃって」  夏希の声は確かにどこやら沈んでいた。 「——ちょっと、つかぬことをお伺いしますが、ご主人の雅彦さんの勤務先は、Q組の企画設計課でしたね?」 「はい。そうですが」 (やはり、そうか)  仲根は、昨日から胸にわだかまっていた疑惑が、たちまち黒い墨《すみ》を流すように、暗雲を胸に拡げてきたような気がした。 「何か——?」  夏希が不審そうに聞いている。 「ご主人、近頃、変わったことはありませんか?」  仲根がそう追い打ちをかけると、夏希はすぐには言葉を返してこなかった。その重苦しい沈黙の中に、やはり何かあったんだな、と仲根が思っていると、 「おっしゃって下さい。主人に何かあったのですか?」 「いえ。ご主人の個人的なことじゃないんです。勤務先のQ組の事業について、ちょっと村山薔薇園の存立そのものと交錯する事態が発生していることを、外から小耳に入れたものですから」 「どういうことでしょうか?」
表示ラベル: