ミュウミュウ財布チャーム
null
(ミュウミュウ) MiuMiu 長財布 レディース ハートチャーム スタッズ 並行輸入品
__48,60000
(ミュウミュウ) MiuMiu 長財布 レディース ハートチャーム スタッズ 並行輸入品 
ミュウミュウ MiuMiu 長財布 ハートチャーム スタッズ [並行輸入品]
__48,60000
ミュウミュウ MiuMiu 長財布 ハートチャーム スタッズ [並行輸入品] 
(ミュウミュウ) MiuMiu レディース 長財布 ハートチャーム スタッズ 並行輸入品
__48,60000
(ミュウミュウ) MiuMiu レディース 長財布 ハートチャーム スタッズ 並行輸入品 
(ミュウミュウ) MiuMiu 長財布 ハートチャーム スタッズ 並行輸入品
__48,60000
(ミュウミュウ) MiuMiu 長財布 ハートチャーム スタッズ 並行輸入品 
【Tiara】 厚底 暖か もこもこ ブーツ 雪 防寒
__5,98000
【Tiara】 厚底 暖か もこもこ ブーツ 雪 防寒 
【Tiara】 暖か ムートン シューズ 軽量 ブーツ おじ靴
__3,880 - 4,28000
【Tiara】 暖か ムートン シューズ 軽量 ブーツ おじ靴 
null 彼らが別れたのは、それから十分近く経ってからのことだった。  自習室を出ようとした少年が、そこでようやく僕に気づいた。  線の細い小柄な男子だ。内藤真純と名乗っていた彼である。  彼は、眼鏡がずれないように、軽く手で押さえて会釈した。その姿に僕は違和感を覚えた。だが、なにが気になるのか言葉に出来ないまま、その感覚はすぐに消え去った。  そのまま立ち去ろうとした彼は、しかし僕の目の前で足を止めた。  彼の視線の先、廊下の向こう側から、誰かがゆっくりと近づいてくる。  やや幼い雰囲気を残した女子の塾生。浦澤華菜だ。  いつもの聖マグダレナの制服ではなく、私服姿である。  彼女は内藤の正面まで来て、足を止めた。  無言のままで睨み合う。  二人の身長差は十五センチほどだ。  見上げる形だった浦澤が、不意に顔を歪めた。怒りの相だ。  パァン、と派手な音が鳴った。  浦澤が内藤を平手で打ったのだと僕が気づくまで、少し時間がかかった。大人しい浦澤のイメージに、あまりにもそぐわない光景だったからかもしれない。  内藤はなにも言わなかった。弾け飛んだ眼鏡を拾い上げ、そのまま浦澤に背中を向けて歩き出す。僕は呆然とその姿を見送った。なにがどうなっているのかわからない。  浦澤は、立ち去る内藤の背中を憎々しげに睨みつけている。  ふと気づくと、瞑が僕を手招きしていた。  僕は乱暴に首を振って、自習室の中へと入っていった。