コインケース
null
カール事務器 コインケース CX-1000
__43100
カール事務器 コインケース CX-1000 
テージー コインフリーアルバムB5S 台紙8枚 収納コイン枚数96枚 C-34
__1,19100
テージー コインフリーアルバムB5S 台紙8枚 収納コイン枚数96枚 C-34 
携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-01・02・03 MG-03・ブラック
__93700
携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-01・02・03 MG-03・ブラック 
オープン工業 コインケース M-650
__36300
オープン工業 コインケース M-650 
(グレンロイヤル) GLENROYAL 馬蹄型コインケース LEATHER BLACK [並行輸入品]
__7,40000
(グレンロイヤル) GLENROYAL 馬蹄型コインケース LEATHER BLACK [並行輸入品] 
null「昨晩結納ば受けました」 「結婚?」 「はあ、可也さんのお世話だす」 「いけない。それは、いけない」  と私はさえぎったが、狼狽《ろうばい》よりも運命の重量の方が先にのしかかってくるようだった。 「では、どうする? 僕と太郎は?」 「リツ子さんが、きっとよか奥様をお引合わせなさすが」 「嘘《うそ》。いけない、そいつは」 「ほんとうだす。おばあちゃんと、はっきり決めました」  しばらく泣き、それから静子は黙ってしまった。肩の辺《あた》りが時々しゃくり上げているだけだった。  私は虚脱した。なまめいた海風が、何度も吹きあげてきて、私の顔を吹きすぎるのがゆっくりと感じられた。  しかし、海にはもう光は無い。しぼんでしまった太古の陥没地帯のように、時折燐光《りんこう》のような思いがけない光が波の形にチロめくだけである。 「あ、お母さんのようだすが」  静子が低く、声をあげた。なるほど、リツ子の母と姉のような話し声が向うの窪《くぼ》を上ってきた。可笑《おか》しい。こんな山越えをする筈《はず》のない人達だ。するとやっぱりリツ子の野辺の煙をもう一度眺めに廻ったものに相違ない。この親達もあわれだ、とそこのところはにくめなかった。咄嗟《とつさ》に静子の指が、私の服のポケットを捉《とら》えて曳《ひ》くのである。 「御堂に——」  何故だ? が、私は肯いて静子の後ろを追っていった。ギイと扉の音が幽《かす》かに鳴った。黙る。私は身をかくすようにして、故意に静子と太郎の方へ体をよせた。  やっぱりリツ子の母と姉のようだった。私達には気づかない。その足音につれて、私は静子と太郎をきつく抱えこむのである。 「あっちへやらるるもんか」